初心者のためのアリバイ会社情報サイト

アリバイで自分を守る

このサイトでは、最近話題となっているアリバイ会社の実態と選び方、どのように利用されているのか、どの会社を選ぶと良いかを紹介します。
インターネットで「アリバイ会社」と検索をするだけで、数十件の会社が挙がってきます。
ただ、どの会社も安全、優良、という訳ではありません。
保険会社や不動産会社を選ぶように、優良で自分の目的にあった会社を探せるよう、また注意点をあげながら、良いアリバイサイトの選び方をご紹介をしていきます。

気になる「アリバイ会社」の実態

気になる「アリバイ会社」の実態 そもそもアリバイ会社はどういった方が利用をしているのでしょうか。
多くに使われる例は転職をする際の在籍確認、また源泉徴収票の発行です。
無職から企業に転職をする際、また風俗系のお仕事をされていた方が一般企業に就職をする際、アリバイ会社が実際に存在をする会社として在籍証明や、収入証明等を作成してくれるサービスです。
基本的には登録料と日数によっての利用料金、証明書の料金が発生しますが、中には登録料不要な会社等もありますので、どれくらいの日数が必要か、等自分にあった会社を調べてみるのが良いでしょう。
アリバイ会社の実態、利用をする事は違法にはなりませんが、クレジットカードや部屋を借りる時の収入証明をアリバイ会社から受け取るケースは問題になった実例もありますので、利用時には注意が必要です。

アリバイ会社という業態の歴史

アリバイ会社という業態の歴史 「アリバイ会社」は、端的に言うと社会的地位を提供する会社です。
具体的には、無職の人や勤務先を知られたくない風俗・水商売勤めの人、その他職業的事情から勤務先を記入できず日常生活に支障をきたしている人のため、在籍確認の電話対応や会社勤務を装う源泉徴収票や給与明細の発行といったアリバイ作成サービスを行っています。
本人確認にもなりうる虚偽の書類を発行するため、犯罪の温床となる可能性が指摘されていますが、源泉徴収票の作成などは現在の法律上文書偽造罪や虚偽公文書作成罪に問われることはありません。
このようなアリバイ会社のサービスによって、職業が不安定な人であっても賃貸契約や保育園の入園が可能になっているケースが多くあるのが実情です。
その歴史は古く、20年以上前から営業している会社もあると言われています。
ただし、近年の業者数増加に伴い、そのサービスの質の差が広がってきていると言われています。
また、アリバイ会社から購入した虚偽の源泉徴収票を使用して住宅金融支援機構から約5600万円の住宅ローンを組んだ詐欺事件に関連して2011年9月にアリバイ会社幹部2人が地方税法違反で逮捕、略式起訴となった例などもあり、その活用時には注意が必要です。

アリバイ会社関連お勧めサイト

各種専門スタッフのそろったアリバイ会社です

アリバイ会社に依頼